運動と食事コントロールで確実に痩せる!

「ここ最近、お腹に脂肪が溜まり、デブになってしまったので、体重を減らそうと、手頃なダイエット法を調べていたら、いい対策を見つけました。

それは、できるだけ長く継続すれば、するほど効果的になる経度な運動です。

この軽度な運動とは有酸素運動のことで、効果は抜群でカロリーを制限するよりも、ずっと痩せられます。

私自身、数週間前に有酸素運動を始めたのですが、順調に痩せてきて嬉しいです。

歩くことは想像以上に効果的なんだなと体感しました」と、友人が報告してきました。

確かに、友人が実践しているウォーキングやジョギング、サイクリングなどの有酸素運動は、体脂肪を燃焼するには最も効果的とされていますし、お金もかからず、どこでも手軽に行えるということで大人気のダイエット法です。

しかし、痩せるには、消費エネルギー以上に、食べ過ぎないように食事量のコントロールが必要です。

ダイエット法の基本中の基本で、当たり前のことですが、1日あたりの総消費カロリーが総摂取カロリーを上回れば、痩せることができます。

ですが、つい、運動をしていると、お腹が減って、いつもよりたくさん食べてしまうことがよくあります。

「結構、運動しているのに、痩せられない・・・」という方は、知らないうちに運動による消費以上に、食べ過ぎているのです。

運動を行うこと自体は、とても体にいいことですが、痩せようと思ったら、毎日、食事量もしっかりとコントロールしなければなりません。

しかし、体重を落とそうとして安易に食事量を大幅に減らすのは危険です。

実際に、そんな無理な食事制限は長続きしませんし、体に負担をかけて健康を損なってしまいます。

今までの生活習慣に運動をプラスすることで、消費エネルギーを高めて、食事は、いままでの量を保って、消費が上回る生活を過ごせば、健康的で確実に痩せることができます。

もし、運動が思うようにできなくて、食事量を減らして痩せたいと思うなら、1日に150~200キロカロリー程度の小幅な減量にとどめておきましょう。

もちろん、数週間で何キロも痩せるということはできませんが、3ヶ月で、2キロ程度減らす目標で長期計画で行うことが、リバウンドの恐れもなく確実なダイエット法になります。

そして、有酸素運動だけでは、筋肉量の低下を招いてしまうので、筋力トレーニングも取り入れましょう。